知っておきたい「決済代行」サービスのデメリット!

決済代行で挙げられるデメリットとは?

サービスを比較してデメリットをメリットに変える!

自社に合うサービスでコストDNと売上UP

決済代行サービスを利用する際、顧客のニーズに応えることも大切ですが、それだけを考えすぎるとコストばかりかかる事になりかねません。
双方の利益を考えて選択することが大切になってきます。

例えば、決済代行サービスでよく利用されるATMペイジーがあります。
最近では、公共料金の支払いにも使われており、まず、銀行の窓口やコンビニで、並ばずに、24時間365日、いつでもどこでも支払いが可能です。

ペイジーに対応していることを示す「Pay-easyマーク」もというものも有り、様々な機関で決済が行え、便利な決済方法として多くの方が利用されているようです。

支払方法がクレジットカードやネットバンキングのみだった場合、その支払い方法を利用していない人は、商品の利用や購入自体を諦めていた方もいらっしゃると思います。

ネットバンキングやクレジットカードに限らず、支払い手段を増やすことで、売上UPにも繋がる事になるでしょう。

決済代行会社を選ぶポイントはなにか?

決済代行サービスは、売上げや顧客情報を預けるものですので、信頼できる会社であるか?また、どんなサービスを展開しているのかを比較して選ぶことが必要でしょう。
多額のお金と顧客情報を安心して任せることが出来る会社かどうか?「安いから」という理由だけで決めてしまうのは、あまりにも危険ですので、他社とよく比較して、自社にあった会社を選択するようにしましょう。

コンサルタントやコンシェルジュが無料で相談に乗ってくれる会社もあり、発注先や外注先を探す際のよくあるお悩みに答えてくれます。

例えば、「決済代行の相場がわからない」、「評判の良い決済代行会社は?」、「良い決済代行会社を探したいが、あまり時間が取れない」などです。
こういった悩みの相談に乗ってくれるサービスを利用してみてもいいかもしれません。
忙しい中でも、しっかりと選ぶことが結果的に、労力もコストも削減でき、売上アップに繋がる近道になるでしょう。


この記事をシェアする