知っておきたい「決済代行」サービスのデメリット!

決済代行で挙げられるデメリットとは?

他者の悩みや欲しいサービスが自社の参考になる

ネットショップの決済代行システムについて

ネットショップは、店舗ではなく、インターネット上での取引となります。
店舗がある事業と違い、商品を何らかの支払い方法で、直接取引することはなく、第三者を介してのやり取りとなります。
そのため、特に安心安全の取引であることが第一かと思います。

ネットショップでの支払い方法は、様々で、クレジットカードを使う人もいれば、銀行振り込みの人もいらっしゃいます。
ですから、事業者側も、多くの支払い方法を啓示する必要があります。

それだけの手間と管理について考えると、そのどちらもを代行してくれる決済代行サービスを利用するメリットが大きいと言えるでしょう。
自社では、代行サービスとのやり取りだけでいいわけです。

安心安全に任せられる決済代行を、それぞれの会社の特徴を見極めて、しっかりと検討しましょう。

ネット決済における個人情報保護について

ネットでの決済で気になる点は、個人情報の流出や、システム不具合、セキュリティ面ではないでしょうか。

特に、「個人情報の保護」という面では、情報を取り扱う専任者を置き、管理を行っている会社も有り、自社での管理よりも、決済代行を依頼する方が、顧客管理も安全ということになるでしょう。

こういったしっかりとした顧客管理の面を売りにしている会社であれば、自社で顧客管理を行うことなく、安心してお任せ出来るので、万が一、情報漏えいといった事態が起こっても、責任の所在が明確なので、管理にかかるコストやリスクを考えずに済みます。

また、振り込み日時や金額、期間毎の集計や比較といった機能も利用し、こういった管理面の豊富さを売りにしている会社を選択することで、新たな事業案や経営戦略を立てることにも役立つことでしょう。


この記事をシェアする