知っておきたい「決済代行」サービスのデメリット!

決済代行で挙げられるデメリットとは?

決済代行サービスを利用するメリット

決済代行のデメリットとはズバリ、利用料。 もちろん、クレジットカード決済等の決済方法にも、手数料がかかってきます。 ですから、決済代行サービスを利用すると、クレジットカード会社の手数料と、更に決済代行サービスの利用料がかかるので、その金額は決して安くはありません。

デメリットを知ってコストやサービスの見直しを図る

決済代行サービスとは、クレジットカード決済やコンビニ決済といった多種の決済を、一括しての契約とシステム導入出来るサービスです。

通常、個々に契約しようとすると、カード会社ごとに審査基準も違うので、審査が通過できない場合もあり、また、利用する顧客のためには、多様な決済方法を用意したい一方で、個別に契約すると締日が異なり、入金が複数回にわたるという大変な手間がかかってしまいます。

このような不便を解決するために、決済代行サービスを利用することにより、導入費用や時間を削減し、顧客の幅を広げ、売上アップを図る事が出来ます。

店舗や企業、WEB通販などで、クレジットカード決済を導入するためには、カード会社の審査を経て加盟店となる必要があります。
各カード会社と直接契約しようとすると、契約手続きを各カード会社とする必要があり、大変な労力を要します。

決済代行サービスを利用することで、これらの契約は一括で済みますし、審査基準も一定の為、そうした労力を軽減し、お客様に対しても多様なカードをご利用いただけるようになります。

特にネット通販では、安全で便利な決済手段が求められます。
また、導入時の効率アップはもちろん、決済代行経由でクレジットカード決済を導入することで、ネットショップの運用負担を軽減することが出来ます。
これはネットショップ担当者に大きなメリットをもたらしてくれるでしょう。

こうした利便性の高い、決済代行サービスにも、デメリットはあります。
それでは実際に見ていきましょう。

他者の悩みや欲しいサービスが自社の参考になる

どこの会社でも、同じサービスを利用しようと考えていれば、おのずと、欲しいサービスも悩みも似通ったものが出てくるものです。 そこで、よくある質問「Q&A」を参考にすることで、決済代行のメリットデメリットや、欲しかったサービスをスムーズにする事が出来ます可能性があります。

サービスを比較してデメリットをメリットに変える!

デメリットを知ることで、自社のニーズに対応できる決済代行会社を選択することができたり、損をするケースを防ぐことができるかもしれません。 代行サービスをメリットとして活用出来るように、デメリットもしっかりと知ることで、対応方法を考えたりと、メリットに変えていく手段を考えていきましょう。